ヘルペスの症状に良く効く薬がバルトレックスですが、毎回病院で処方してもらう必要はありません。使い方が分かっているならネット通販を利用しましょう。

  • ホーム
  • ストレスからのヘルペスは早めの診察でバルトレックス

ストレスからのヘルペスは早めの診察でバルトレックス

バルトレックスはヘルペスの薬で、バラシクロビルという成分が含まれています。
ヘルペスを引き起こすのはヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスです。
聞いたこともあるのではないかと思いますが、普通、ウイルスに効くような抗生物質はなかなかありません。
ウイルスに一番効果があるのはワクチンであって、普通の飲み薬ではない、とはよく言われるところです。

そんな中で、バルトレックスというのは珍しくウイルスに効く飲み薬です。
ウイルスのDNA合成を妨げることで効果を発揮します。
ヘルペス発症後、できるだけ早期に服用を開始することで効果が高まります。

副作用はあまりありませんが、消化器症状が起きたりすることがあります。
また、この薬は腎臓から尿に排泄されますので、腎臓の弱い人は排泄が遅れ、体内に思った以上に長く留まることになる可能性がありますから、そのような人は医師に相談してから服用しましょう。

ちなみにヘルペスウイルスというのは、一度症状がおさまっても、ウイルスそのものは実は体内に潜伏しています。
そして、何かの拍子にまた再発してくるのです。
潜伏中のウイルスもバルトレックスで、と思っても、残念ながらバルトレックスは潜伏中のヘルペスウイルスに対しては効果がないのです。
つまり、症状が起こっていないときに飲んでも何の役にも立ちません。

潜伏とは嫌な感じですが、一般的に、再発を繰り返すほど症状は軽くなると言われていますので、そんなに心配せずともよいでしょう。

ヘルペスにかかったことのある人なら良く分かると思いますが、ストレスを受けた場合に再発しやすいです。
何か調子がおかしいなと思ったら早めの診察を受けてバルトレックスを処方してもらいましょう。

関連記事