ヘルペスの症状に良く効く薬がバルトレックスですが、毎回病院で処方してもらう必要はありません。使い方が分かっているならネット通販を利用しましょう。

  • ホーム
  • バルトレックスによる腎障害とは

バルトレックスによる腎障害とは

パソコンを使う男性

バルトレックスは口唇ヘルペス性器ヘルペス、や帯状疱疹、水疱瘡の治療に処方される抗ウイルス薬です。
バルトレックスは服用中に水分を多く摂取することという注意を受けることがあるのですが、これはバルトレックスの服用で腎障害を起こしてしまう危険性があるためです。

バルトレックスの副作用に腎障害が起こる理由は、人間の身体の中で尿を作る臓器である腎臓の毛細血管での濃度が増してしまうと、そこで結晶化してしまうことがあるのです。
そして腎臓に沈着してしまい、腎障害を起こしてしまう可能性があります。
実際にヘルペスの治療のためにバルトレックスを処方された人が急性腎障害を起こしたという報告もあります。

夏で汗をたくさんかく時期や発熱している時などは知らないうちに脱水症状が進んでしまっていて、身体の中でバルトレックスの濃度が上がってしまっていることもあります。
また、高齢者は脱水症状と共に腎機能自体が低下していることがあるため、水分を多く摂取するように注意を受けることがあるのです。
日頃から水分の摂取量が少なかったり、水分と言ってもコーヒーやお茶などの利尿作用があるものを飲んでいる人は注意して水分の摂取を行うようにします。
この場合には利尿作用のあるものではなく、ただの水や白湯などを飲むようにしましょう。

特に透析を受けている人は健康な人よりも投与量を少なくしなければならないため、透析を受けている人は病院で診察を受ける際には必ず申告するようにしましょう。
処方されたバルトレックスを服用していて頻尿、血尿、吐き気などの症状が現れた場合には急性腎障害を起こしている可能性があるため、すぐに病院にいって適切な治療を受けるようにしてください。

関連記事