ヘルペスの症状に良く効く薬がバルトレックスですが、毎回病院で処方してもらう必要はありません。使い方が分かっているならネット通販を利用しましょう。

  • ホーム
  • 性器の発疹症状にバルトレックス、泌尿器科で早期治療

性器の発疹症状にバルトレックス、泌尿器科で早期治療

陰茎部分、亀頭部分、肛門部分に水ぶくれのような赤い発疹の症状がある男性は、ある性病にかかっている可能性があります。
それは精器ヘルペスです。
性器ヘルペスは若い世代の男女の間で増加している性病であり、原因は性交渉によるヘルペスウィルスに感染してしまうことで起こります。
性器ヘルペスの症状が疑われる場合には、早急に泌尿器科へ受診して治療を行うことが必要です。

この病気の怖いところは、完治が難しく治ったと思っても繰り返し再発してしまう点です。
性器ヘルペスのウィルスは単純ヘルペス2型ウィルスと呼ばれており、人体の腰部分の神経節に死滅することなく潜伏し続けるので、繰り返し再発してしまうのです。
治療をせずに放置したままでおくと、発疹から進行して皮膚がただれ強い痛みと発熱を伴うようにもなります。
症状を悪化させないためには軽い段階の内に泌尿器科で、早期に治療を行うようにしましょう。

泌尿器科で行われる性器ヘルペスの治療は、抗ウィルス製剤の投与となります。
処方されるものは病気の程度によって異なりますが、軽い症状ならバルトレックスが処方されます。
この薬を早めに服用することによりヘルペスウィルスが増えないように抑え、再発の頻度を低下させることができます。
性器ヘルペスは性交渉により感染することでなるので、他の人に感染しないためにもきちんと治療するようにしましょう。
女性に性器ヘルペスを移してしまったら男性よりも重篤化しやすく、子宮に影響が出て不妊症になってしまう危険性もあるのです。
性器ヘルペスは発生源のウィルスが死滅しないので完治は難しいですが、早期にバルトレックスなどの薬を飲むことで再発のリスクを最小限に抑えることができます。

関連記事