ヘルペスの症状に良く効く薬がバルトレックスですが、毎回病院で処方してもらう必要はありません。使い方が分かっているならネット通販を利用しましょう。

  • ホーム
  • 紫外線の強い所で発症の口唇ヘルペスとバルトレックス

紫外線の強い所で発症の口唇ヘルペスとバルトレックス

ヘルペスウイルスに感染している人は多く、最も典型的な口唇ヘルペスに感染している人は現代では80%以上にものぼると考えられています。
単純ヘルペスウイルス1型による感染症として知られる口唇ヘルペスは唇やその周辺に水ぶくれができてしまうものであり、それにともなって痒みや痛みが生じることもあります。
しかし、感染しているからといって必ず症状が出るわけではなく、通常は人の持っている免疫力が勝っているために症状が出てくることはありません。
ところが、何かの拍子で免疫力が低下してしまうことにより発症してしまうことになりがちであり、その原因としてストレスや過労、薬剤、病気などが知られています。
自分は元気だから大丈夫だと思っていても、意外なタイミングで発症してしまうこともあるため、その存在と特徴的な水ぶくれの形について知っておいた方が良いでしょう。

海に行って遊ぶというのは多くの人が夏に楽しむイベントの一つですが、海に行って帰ってきたら唇やその周辺に水ぶくれができていたということもしばしばあります。
これは紫外線によるストレスで生じてしまったものであり、紫外線の強い場所に行くと見られるものです。
夏の山の上やスキー場なども同様のリスクがあるため、紫外線対策を行うことが大切となるでしょう。
一方、こういった症状が出てきてしまったとしても恐れることはなく、抗ヘルペスウイルス薬であるバルトレックスを用いれば数日で水ぶくれがなくなります。
こういった形でリスクとなるものと治し方を知っていればしっかりと対策を立てていくことができるようになります。
誰もが感染している可能性があるからこそ発症予防と治療について知ることが重要といえるでしょう。

関連記事